貯金

一人暮らしでも貯金ができるか考えてみた

一人暮らしは、何かと出費がかさんでしましますよね。

特に思わぬ出費があり、社会人になると冠婚葬祭などは断るわけにもいかない事情がありますよね。

それと、自己管理をしっかりしていないと、誰も注意する人はいないので、ついつい衝動買いをしてしまうこともあります。

最初は、数百円だったものが、毎月給料が入ってくるといった感覚に慣れてくると、ついつい数千円になり、数万円の衝動買いもしてしまうことになります。

こんな中でどうやったら、貯金していくことができるのでしょうか?

一人暮らしでも貯金をするための工夫

一人暮らしでも貯金をする為にはどうすれば良いのか?・・・

それには、ちょっとした発想の転換が必要になります。

給料が入ったら、最初に貯金に回すお金を他の口座に移動しておきます。

あるいは、毎月の積立預金を契約して、月に5千円でもいいので、給料が入ったら使う前に自動的に積み立てられるようにしてしまいます。

こうすれば、いつも自動的に貯蓄に回されるので、つい使ってしまうことはありません。お金持ちの人たちは、このように先に貯蓄するお金を引いて、残りの金額で生活すると考えるそうです。

そうしないと、ついつい財布にお金があると使ってしまうからですね。

それに人付き合いが広がってくると、ケチだと思われないかとか、付き合いが悪いと思われないかと気になって、交際費がどんどん増えていきます。

先に貯蓄分を別にしておけば、残ったお金で交際費として使うには問題ないのです。

それでも自身が無いという人は、自分の親や兄弟にいくらまで貯めるか公言して、見張ってもらうという手もあります。

ちょっとしたことで大きく違ってくるので、ぜひ工夫して貯金していきましょう。

一人暮らしでも貯金をするための≪まとめ≫

  • 半ば強制的に貯金をする為の口座を作る
  • 貯金をして残ったお金は、気にせず使うことができる
  • 信頼できる人に見張ってもらう

【体験談】社会人一人暮らしの貯金

大学卒業後、実家から遠方の会社に就職することになり、一人暮らしをしていました。

アルバイトとは違い、安定した仕事の収入があるため、遊んで暮らせるものだと甘く見ていました。

しかし実際はいろいろな費用をやりくりしなければならない為、生活にかかる費用で精いっぱいで貯金がなかなかできませんでした。

それでも貯金をしておかなければ、何かあった時に困るため、少しづつでも貯金できるよう節約をすることにしました。

節約といわれて一番に思いつくのは電気の節約だったため、実家では当たり前のように使っていた部屋の電気はなるべくつけないようにしました。

テレビもありましたが、仕事でパソコンと向き合っているため目を休めるためにもほとんど見ないようにしていました。

仕事が終わって家に帰ればキッチンの蛍光灯だけをつけ、過ごしていました。

また出かける際には必ず冷蔵庫以外のコンセントはすべて抜くようにしていたところ、月に約3千円の節約をすることができました。

こうした努力の甲斐もあり、毎月1万円づつ、1年間では12万円貯めることができました。