光熱費

意外とかかる光熱費

光熱費は、『電気料金』『ガス料金』『水道料金』を合わせたものです。

今まで4人家族で光熱費の合計がひと月2万円だったから、一人暮らしで2万割る4で、ひと月5千円ということにはなりません。

水道などは、ほとんど使用しない場合でも、最低料金がかかりますので、世帯が分かれた分最低料金がかかることになります。

お風呂がポイント!

水道とガス料金が大きく変わった私の例

我が家は子供が生まれるまで、冬でもお風呂にお湯を張るのは2日に1回。

それ以外はシャワーで済ませていました。

その当時のガス料金は3千円/ひと月、水道料金も2千円/ひと月でした。

ところが子供が生まれて以来、冬は毎日お風呂に入るので

ガス代は5千円を超え、水道代も5千円を超えることに・・・

水道とガスだけで年間6万円も変わることに、お風呂だけでこんなにも違うものかと実感しました!

夏場は短時間のシャワー
冬場もお風呂の回数を減らすなど、お湯の使用量を節約しましょう!

電気代を減らすには

子供が生まれて電気代も増えました。
その主な原因は冷暖房でした。
冬は毛布などで寒さをしのぎ、夏は薄着で窓を開けていましたので
電気代は4〜5千円でしたが、エアコンをつけっぱなすと
8千円〜1万円に!

  • エアコンの使用頻度を少なくしよう!
    つけっぱなしをすると倍の料金になることも
  • 電気毛布、電気カーペット、加湿器も要注意!
    電気を熱に変える電化製品は電気量を使います。
  • 電球をエコタイプに変える
    まだ使えるのを取り換えるのはもったいないと思ったら、電球が切れた時がチャンス!
  • 暖房便座の電源を切る。
    代わりに便座カバーを取り付ければ、問題なし!

【体験談】光熱費をとことん見直す

仕事の関係で一人暮らしを数年しましたが、一人暮らしだけれどしっかり貯金もしたかったので、とことん節約することにしました。

まずは、無駄な光熱費を使わないことです。

まず、電気のアンペアを15Aに減らしました。

これは、勝手に賃貸で変更すると後々トラブルの元なので、大家さんにも退去時に戻す約束で許可をもらいました。

15Aというと、エアコン一台がなんとかつけて少しだけ他に電気がまわせるかなという程度です。

さすがに猛暑時にエアコンが使えないのはきついのでこのアンペアにしました。

これで、基本料金が安くなります。

電気をつける時は明るい方でなく暗めの設定にします。

そして、豆電球は使いません。

寝るときは、枕元に常に懐中電灯を置いて豆電球の代わりに使いました。

食器を洗う時の水量はちょろちょろくらいにし、お風呂ではシャワーを使わず極力浴槽内のお湯で全身洗うようにしました。

ガス代節約のために、圧力鍋を購入し、ほとんどの料理を圧力鍋で作ったり、ご飯も炊いていました。

もちろん、たくさん作ったら冷凍しておきます。

日々の努力の結果、水光熱費はエアコンを使った夏でさえトータル月に8千円以下ですみましたよ。

浮いた分をしっかり貯金にまわしておけました。