食費

一人暮らしの食費はいくらかかるのか?

一人暮らしで、意外とコントロールの難しい項目は、食費ではないでしょうか。

例えば、1食300円平均としても、1日900円で、30日なら2万7千円になります。

しかし、実際はコンビニでペットボトルのお茶とおにぎりを2つ買うだけで300円になってしまします。

毎食、コンビニで気軽に買っていては上手にやりくりはできません。

では、どうすれば食費を上手にコントロールできるのでしょうか?

食費を上手にコントロールための工夫

ここは、やはり自炊を考えなければ、食費は抑えることはできません。

炊飯器を用意して、お米を買ってきて炊くだけでもかなり違ってきます。

ただ自炊というと、今まで親と一緒に生活していた人は、ほとんど経験したことがないと思います。

そこで、食費を節約するには、レトルトパックやスーパーの惣菜などをうまく活用して半自炊の一人暮らしをしてみてはいかがでしょうか?

例えば、レンジでチンするだけや、缶詰などが特売で安くなっているときにある程度買いだめしておくと、何かと便利です。

スーパーの惣菜は閉店近くに値引きされるのをうまく利用しましょう。

揚げ物も、ご飯で食べたら、半分は翌日うどんに乗せて食べるなど、組み合わせを工夫すれば飽きずに食べることもできます。

一人暮らしでは、そういうちょっとした工夫で食費を抑えながらも楽しく食事をすることができます。

また体調の悪いときや風邪をひいたときのために、おかゆのレトルトやご飯のチンして食べられるパック、海苔やフリカケなども常備しておきましょう。

体力のないときほど、こういうのは役立ちます。

食費を節約しても、健康は損なわない工夫も一人暮らしでは大事ですよ。

一人暮らしにかかる食費の≪まとめ≫

  • 自炊は必ずする
  • 最低限ご飯は自分で炊く
  • 特売や値引き商品を上手く利用する
  • 安さばかりに気を取られて、健康を損なわないようにする

【体験談】一人暮らしの食費節約術

私は高校を卒業後、すぐに親元を離れてひとり暮らしをはじめました。

人生ではじめて経験したひとり暮らしの中で、あらためてお金の大切さを痛感させられ、今となっては良い経験ができたなぁ・・・(お金に堅実なので。笑)そう思っています。

ひとり暮らしの中で一番知恵がついたお金の使い方が「食費」でした。

限られた食費のなかで、いかに安くて美味しいものを作るか?

もともと料理するのが好きたっだので、結構楽しみながら節約料理レシピを考えることができました。

食材を買う日も休日の日曜日と決めて、市場や日曜朝市などに出掛けて安くて新鮮な食材をまとめて購入していました。

ここでのポイントは、食材は新鮮なうちに下処理して冷凍保存をすること!

肉や魚には軽く味付けをしたり、冷凍可能な野菜もボイルして冷凍庫へ。

結婚した今もなお、この冷凍ワザは健在!

夢のマイホームに向かって、只今節約生活です♪