収入と家賃

一人暮らしの家賃

一人暮らしをしていて、毎月の大きな出費は、なんといっても家賃でしょう。

他の出費と違って、急に節約するのは難しいですし、安いところに引っ越すといっても、引越し費用や保証金(敷金礼金)などの初期費用はかなりかかります。

ですから、最初にどのような部屋を選ぶのかが、大きなポイントになります。

後悔しないために、一人暮らしの家賃の考え方をみてみましょう。

収入と家賃の割合を考えてみる

一般的には、毎月の収入の3割以下に抑えるといいといわれています。

しかし、現実問題として新社会人の給料はそれほど多くありません。

例えば、月収が13万とすると、3割なら3万9千円の家賃ということになります。

月4万の賃貸物件となると、地方ならまだしも都心部では、あまりいい物件は見つかりませんよね。

駅から遠かったり、築年数が古かったり、あるいは周辺にコンビニもお店もないような場所だったりします。

それにあまり安い賃貸物件だと、セキュリティ上も問題があるので、女性の一人暮らしではオススメできません。

他の経費を切り詰めることをしっかり考えて、4割程度になるようにしましょう。

さすがに収入の5割以上が家賃になると、急な出費があると対応できなくなってしまいます。

一人暮らしで、いいところに住みたいのも分かりますが、現実的な収入とのバランスを考え、また駅からの距離や周囲のお店、セキュリティなどを考慮してじっくり選ぶことが大事です。

簡単に引っ越すことはできないので、落ち着いて考えて物件を決めるようにしましょう。

一人暮らしの収入と家賃の≪まとめ≫

  • 収入の3割以下、多くても4割以下にする
  • 収入とその他の条件のバランスを考える
  • 初めにしっかり時間をかけて家選びをする
  • 女性の一人暮らしの場合は、安さだけでなくセキュリティも考慮に入れる

【体験談】学生一人暮らし生活の収入と家賃

高校を卒業後、大学入学をきっかけに一人暮らしを始めました。

学生だったので、主な収入源は親の仕送りでした。

仕送り額は月10万でした。

少しでも貯金をしたかったので、アルバイトもしました。

塾講師のアルバイトを週3〜4回していました。

一人暮らしをしていたエリアが田舎だったこともあり、家賃は相場より安かったです。

1DK、築年数5年、駅から3分という良い条件の物件にも関わらずジャスト40000円という安さでした。

仕送り+アルバイト代から家賃や生活費を支払っていました。

その当時は極力自炊するようにし、食費を抑えていました。

食費は月にして平均1万〜1.5万ぐらいだったと思います。

またガス代を節約するために、電子レンジだけで調理できるレシピを探して料理をしていました。

それ以外にも、使わない部屋の電気はこまめに消す等、基本的な節電対策をしていたので、毎月5万以上は貯金できていました。

学生でも、10万円の仕送りとアルバイトがあれば、家賃を抑えることで、このように貯金ができました。